8歳と1か月になったハル。

311a

なるべく元気に穏やかに過ごしてほしいという気持ちは毎日変わらない。


備えあれば・・というけれど
「いつか来る」災害に神経を持っていきながら普段の生活をすることは難しい。
心掛けだけは失ってはいけないので、備蓄などのチェックを
9月と3月と決めている。
でも、猛暑になる夏の前後にも見直さないといけないと思う。

人間のものは少し前から、普段の食材にレトルトや缶詰めを増やして
使いながら保っていく方法を試している。それでも足りるのかは不安。
トイレットペーパーは多めにストックしている。
水は完全に心細い量だと思った。
簡易トイレももう少し欲しい。

ハルのものは、ペレットを一袋多めにしたのと、トイレシーツはOK。
水は買い換え。場所に少し余裕ができたので、牧草を増やしたい。
あくまでも自宅が無事でハルとともに自宅で過ごせることを考えての備え。
避難しなければならないとなったら、また違ってくる。
心配するときりがないけど
できることは、しておきたい。




人気ブログランキングへ