ある日おじいさんとおばあさんが・・

いや

ある日、ハル父が「やってごらんなさい」と言って
植物と非常に相性の悪い私に
鉢植えのにんじんを持って帰ってきました。

225a

水は土がカラカラに乾いてからでいい。
窓越しでいいのでおひさまが出た日はなるべく、日に当てる。
にんじんの頭が見えてるやつは、他の根をひきずらないようにおさえて、抜いて
ハルにあげてごらん。

ということでした。

225b

ハル父は種から育てていて
すでに葉もたくさん出ていてあとは抜くだけ、という鉢を私に持ってきたのですが
おそるおそる抜いてみると小さいながらもにんじんができていて

225c

ハルがむしゃむしゃと一気に食べているさまを見ると
ハル父が喜んで育てている意味が、少しわかったような気が。

私はすぐ調子に乗るので
野菜は無理ですが、室内でも育てられる卓上サイズの観葉植物などを物色しに
100円ショップも今はハーブとかいろんなのが置いてありますよね。
ちょっと見に行ってみようかなと思います(笑
ハルに食べてもらうものではないですが
部屋に緑や花があるのは憧れているのです(* ̄∇ ̄*)エヘヘ


↓↓押していただけるとうれしいです↓↓


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 うさぎブログ ホーランドロップイヤーへ
にほんブログ村


水栽培の球根を調べたら
今は時期がまったく終わってしまっているときで(´∀`)
球根は秋からがいいそうですね。