カテゴリ:


なんとかハルの横で寝てみたいと思っているワタシ。
うまいぐあいに懐でごろんしてくれたらと、ハルがよく転がる場所を先に陣取る。
しかし、寝転んでる間に眠くなってしまってうとうと。
ほのかな息らしいものとシャッター音で気がつくと


2992



これは接吻だ。決めた。間違いないぞ。

ナイス!ぐっじょぶ!ハル父!!撮っててくれてありがとううう。



2994


うれしい。うれしいぞ。単純に邪魔だったからだとしても、うれしいぞ。