たれみみのハル

ホーランドロップ(うさぎ)と暮らす日々と、 隙間時間にゆっくり進める編み物の記録。


朝、 ガッ ゴゴゴッ  ガッ ゴゴゴッ という聞きなれない音で目覚めたら
トイレが解き放たれていた。



IMG_2197


ハルがトイレを押している?なんだ?
向きを変え、ゴゴゴッとトイレが進み、牧草フィーダーやケージにぶつかり、ガッと音がする。
そうか、これだったんだ。。。

(つд⊂)ゴシゴシ 
寝苦しくて、ウインブルドン見ちゃったんだよなあ・・
錦織選手、結局負けちゃったんだけど・・・眠い・・

IMG_2194

ちがーう。ハルちゃん。
どうも、スキマに入るミッションの最中に、いろんな方向にトイレを動かしていたら
金具が外れてしまったらしい。ぶつかる反動で砂が飛び、うんちがぽんっと出てくる。
早く固定しないと・・・
掃除はお弁当を作ったあとだ。あー。。゜゜(´□`。)°゜。時間が・・

ロイは同じメーカーの三角トイレを使っていた。
固定箇所が2つあったのと、噛んでは落すぐらいのことしかしなかったから
トイレが自由自在になるなんて考えてなかった。なんか、妙な解放感(笑
ハル、おまえって、おもしろいな。
しかし、眠気が勝っていたのに写真を撮った自分のブロガー魂に笑う。



おとなしくしていると、なにもしていなくても、どうも撮りたくなる。


「またのぞいてる。そしたらパシャッて音がするんだ。」
IMG_0427

わかってきたみたいだね。私の持ってるカメラと、シャッター音の関係が。


「ハルもおかえし。のぞいてやる。えい。」
IMG_0431

むぉっ びっくりした (つд⊂)ゴシゴシ


「ハルもみててやる。どーだ。」
IMG_0434

パシャって音はしないけど、ちょっとどきどきするかも(゚∀゚)アヒャヒャ

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

たぶん、ハルは、カメラが好きではないと思う。カメラに寄ってくるということがまず、ない。
最初は今よりもっとあからさまで、サークルでカメラを構えると、逃げた。
「ぷらいべーとだからちょっと」とか「事務所通してくれた?」に近いか。(何者?どこ所属?)
ある日思い切って、デジイチをサークルのどまん中に置いて、齧らせてみた。(レンズは死守)
数日続けたら、魂を取られないことはわかってくれたように思う。
それ以来、うそみたいだけど慣れてきた。
うさぎの耳つきでふわふわの白いカメラケースとか
にんじん型のレンズカバーがあったら違うのかもとか本気で考えたけど
それはそれで怖がってしまいそうだ。
私がキグルミを着てもにんじんを頭につけても、同じことだろう。
慣れてきてくれてよかった。


先日のハルの健康診断は、よくある「うさんぽバッグ」で行ったのですが
帰り際、先生が「布製のキャリーは、(うさぎを)入れにくいっていう声をよく聞くんだけど」と。
私がぽかんとしていると、「地震でもし避難する場合に、さっとだっこして、
さっと入れないといけないでしょ?そういうときに、ぺしゃってなってしまって、
うまく入れられないときがあるって。」と。

IMG_0624


先生には、ハルはまだ小さいから今日はこっち(布製)でいいかっていう選択だったんだけれど
別に金属製のキャリーを持っていて、避難のときはそちらを使う支度をしてありますと説明したら
「そうか、使い分けるっていうのも手だね。」と。

IMG_0627

私にとって大きかったのは、先生の口からさらっと、
「避難するとき」という言葉を聞けたことでした。
私は自分で、地震を意識しすぎている。そのわりにはいざというとき動けないタイプで
心配ばっかりしてるめんどくさいやつではないか、これは困った。
と思っていたので。

実際に起こるかどうかもわからない。おびえてばかりいたら生活できない。
起こったときに建物が潰れてしまってどうにもならないかもしれない。
だいたい、家にいるときかどうかもわからない。

それでも、ハルを連れて避難する。外にいるときはなにがなんでも家に帰る。
「ハルだけは」とか「家族だけは」じゃだめなんだ。
自分もちゃんと数にいれなければだめ。ハルひとりでは生きていけないんだから。

ヘタレるよりは前向きになりたいと改めて思いました。

IMG_0656

先生は、病気になったときも
「飼い主の気持ちはすぐにうさちゃんに伝わるから、治るって信じてないとだめ。」という先生。
また3か月後に健康診断に行く予定なのですが
「それまでなにもないといいな」と私がぽつっと言ったら
「ないない。大丈夫!」と、にっこり。
そうだ、私が不安になっていてどうする。
ハルのうんちは今日も立派だ。シッコもじょーじょーと出ているぞ。それに、かわいい。
うん。大丈夫!

↑このページのトップヘ